質量の「キログラム原器」が唯一の原器

キログラム

閏とは、増やすそのものとことですから、「今年は閏年」は誤りです。本来は、「閏日がある年」といい、その日を「閏日」と呼ばねばなりません。

正確には4年に1回というのも正確ではありません。正確には、西暦年数を4で割り切れる年に閏日を入れますが、100で割切れる年には入れません。

しかしながら、その年数を900で割った余りが200と600となる年は閏日を挿入します。このことは、遠い未来であり、また、稀であるため国際法上の規定にはなっていません。

ちなみに、西暦2000年はこの規定が適用され、閏日が挿入されませんでした。あの「2KY(2000年問題)」とは本質的に違うもうひとつの2KYでした。

いわゆる基準となる「度量衡」を各国全てが強制を持って使用されていのではないことは申しました。

しかし、科学論文では標準です。これの扱いは「MKS」が標準です。メートル、キログラム、秒を使用します。

使用頻度は減りましたが「CGS」がありました。センチメートル、グラム、秒です。この二つは混在しても単位記号を正確に示せば、桁移動するだけですから問題ありません。

時間のルールの説明はしましたが、時間については少し後にして、長さに決着を見たことですから、長さが基準となる別の量の説明を進めます。

その前に、今後「量」と著す場合は「物理量」とお考え下さい。

長さが確定したことから、「面積と体積」が確定します。SIには定義はありません。長さの次に示されているのは、質量です。

ここからややこしい話となります。

まず、現在のSIの定義では「国際キログラム原器の質量」となっています。

キログラム

現在のキログラム原器はプラチナ90%、イリジウム10パーセントの合金の円柱で、高さ、直径が39mmです。

くどいですが、この原器の質量を1kgとしています。SIの中で、質量のみが論理上の値ではないのです。以前は「4℃の蒸留水1リットルの質量」でした。4℃の理由は、水が最高密度となる温度だったからです。

しかし、のちに、この定義では不都合があることが分かり、現在の原器が世界標準質量となったのです。過去に原器が存在したのは、「長さ」もありました。「メートル原器」です。現在はこれはありません。

質量に原器が使用されている理由は、水の密度の定義に起因します。水の密度は、気圧と温度で変化しますので、4℃と決めていましたが、気圧は、気圧が決まるファクターに「質量」が含めれるため、質量の定義に使用できないからです。

また、質量は「g(グラム)」ではなくkgがSIで決められていますが、このような「接頭文字」があるのも「質量」だけです。