「オンス」という単位~ウイスキーは重さで量り売りしている

シングルウイスキー

「スカッチをダブルで」と言えば、ロック・グラスに注がれるウイスキーは、人差し指と中指で丁度隠れるぐらいの量を出してくれるのが、バーの通常のスタイルです。

シングルウイスキー
だから、「ツーフィンガーで」といっても構いません。アメリカ映画で見かけるのは、カクテル用のメジャーカップの小さい方に入れた分量がシングルで、大きい方に入れた分量がダブルです。
合理思考の国ならではのやり方ですね。ちゃんと計測器で測定してるのですから。

ところが、このアメリカ風は誤りです。

というのは、例のメジャー・カップは小さい方が1オンス。大きいほうが2オンスと言います。計量カップを使用しているので、なんだか正確なように見えますが、どのメジャー・カップも同じ量とは限りません。
少なくとも、そのカップを使用している店内のみでは、毎回のオーダーでは同量を計ることはできますが、世界はもとより、隣のバーでさえ違っていることがあります。

なぜでしょう?

実は、「オンス」は容積や体積の単位ではないからです。「重さ」つまり質量の単位だから、初めから使用目的として誤っているのです。

そこで、

「○○酒組合」ではシングルを30ccとする。

とか、

「○○バー組合」は29ccだ。

とか、一定ではないのです。

日本のメジャーカップはほとんどが30ccと60ccです。

メジャーカップ

地球人には幾種かの人種がいます。イヌの犬種ほど大きな違いはありません。私たち日本人種はヨーロッパ人種より小さいと言えます。ですが、ペキニーズとグレートデンほどの違いはありません。
したがって、世界中どこの家やホテルを訪ねても玄関の大きさがまるで違うといったことは起こりません。

経験では、アメリカ人用施設のトイレの男子便器の高さが若干困るほど高かったことはあります。アメリカでの通常サイズでしょうか。
椅子なども大きめな感じはしますが、しかし、不便なほどの違いがあるわけではありません。

世界では、「長さ」、「距離」の単位はそれぞれ違っています。日本では、やっと標準となった「メートル」はフランス産の尺度です。
それぞれ違った単位を使用していますが、メートル以外の単位のほとんどは人体のある部位の長さが基準となっています。それが理由で、世界中の建物の部位に大きな違いがないと考えます。

「1フィート」を「1洋尺」と書き表しますが、確かに1尺と1フートは近い大きさです。お酒も、国、地域で特徴あるものが作られています。
これらの適量なアルコールの量もやっぱり、おおむね同じ量です。日本酒1合とスカッチのシングル、ビールのジョッキに含まれるアルコール量はほぼ一致しています。

このように面白い「単位」について、このサイトでは考えてみたいと思います。